軽自動車を廃車にしたら還付金を受け取ることはできる?受け取りの条件とは

公開日:2022/09/15   最終更新日:2022/11/30


車を廃車にすると、前払いで納めていた税金や保険料の一部が返ってくるということを知らない方も意外と多いのではないでしょうか。普通自動車と軽自動車では還付される税金が多少異なるものの、軽自動車でも廃車でもらえる還付金は存在します。今回は、軽自動車を廃車した際に受け取れる還付金について、条件や受取り方法を含めて紹介します。

軽自動車を廃車にすると還付金はもらえる?

廃車の際は、普通自動車と同様に、軽自動車でも前払いで納めていた税金や保険料が還付されるのです。還付される税金の種類が普通自動車とは異なるので、まずは軽自動車の廃車で受け取れる還付金について見ていきましょう。

自動車重量税

自動車重量税は、車両の重さに応じて支払うことが義務付けられている税金で、使用済自動車が適正に解体され、解体を理由とする解体届出と同時に還付申請が行われた場合に、すでに支払っている自動車重量税の残存分が還付されます。車に関するもうひとつの税金である自動車税は、軽自動車の場合は還付がありません。普通自動車は排気量ごとに税率が分けられており、年度途中で廃車した場合は月割で還付されるのに対し、軽自動車は一律の年税で月割制度がないため、還付はされない規定となっているのです。

自賠責保険

自賠責保険はすべての車に加入が義務付けられているもので、2年または3年分の保険料を前払いで納めています。廃車にした場合は、適切な手続きをすることで、次回車検までの残存期間に応じて前払いしていた保険料が還付されます。また、自賠責保険のほかに任意で加入している保険においても、条件を満たせば還付金を受け取れるのです。

還付金の受け取り条件

上記の還付金は、廃車をすれば自動的に受け取れるというわけではなく、還付金を受け取るためにはいくつかの条件があります。以下では、還付金を受け取るための条件について詳しく説明します。

車検の残存期間が1か月以上ある

自動車重量税の還付金は、すでに支払いが済んでいる自動車重量税を車検残存期間で分割して算出されるため、車検の残存期間が1か月以上あることが条件となるのです。自賠責保険の場合も、保険の残存期間が1か月以上残っていれば保険料が月割で還付されます。還付金の計算上、1か月単位で戻ってくる金額が減ってしまうので、廃車を決めたらなるべく早めに手続きをすることをおすすめします。

自動車リサイクル法の登録事業者で解体する

自動車重量税の還付は、自動車リサイクル法に基づいた制度です。自動車重量税の還付を受けるためには、自動車リサイクル法に基づき適切な認可を受けた登録事業者によって解体処理されたことをリサイクル券で証明する必要があるのです。廃車を業者に依頼する際は、リサイクル法の登録事業者であることをしっかり確認しましょう。

還付申請の手続きをする

廃車手続きをしただけでは自動車重量税の還付を受けることはできず、解体届出と同時に還付申請を行う必要があります。軽自動車の場合は、軽自動車検査協会の窓口で申請を行いますが、うっかり申請を忘れてしまうと還付金を受け取ることはできないので注意しましょう。自賠責保険に関しても解約手続きをもって還付がなされるため、手続きを怠らないよう注意が必要です。

還付金をもらうには

続いて、還付金を受け取る方法について確認しておきましょう。自動車重量税、自賠責保険それぞれでどういった手続きが必要になるのかを簡単に紹介します。

自動車重量税還付金の受取方法

軽自動車の還付金の申請は、軽自動車検査協会で行います。申請の際は、使用済自動車引取証明書、マイナンバーカードの情報などが必要となるのです。受取りは郵便局窓口か金融機関の口座振り込みが選択できるので、口座振り込みを希望する場合は車の所有者本人名義の口座情報を申請時に知らせましょう。申請後、約23か月で還付金を受け取れます。

自賠責保険還付金の受取方法

自賠責保険の還付金を受け取るためには、契約している保険会社に連絡し、解約手続きを行う必要があります。保険会社によって多少異なることもありますが、一般的には自賠責保険証明書や廃車したことを証明する書類、本人確認書類、振込先口座情報、契約者の印鑑などが申請時に必要となります。

任意保険においても、解約手続きを行うことで保険料が還付される場合が多く、インターネット上で手続き可能な会社もあるなど、申請方法はさまざまです。廃車を決めたらまずは保険会社に問い合わせ、申請方法を確認しておくとよいでしょう。

まとめ

一度払っていたお金とはいえ、廃車で税金や保険料が戻ってくるのはお得に感じるものです。還付金を受け取るためには、条件を満たしたうえで自分で申請する必要があるため、事前にしっかり確認しておくことをおすすめします。初めての廃車では、こうした手続きや申請を難しく感じる方も多いかもしれませんが、最近では手続きを代行してくれる廃車買取業者も存在します。まずは近くの廃車買取業者に相談してみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

廃車時に取り外していいものと取り外してはいけないものを知っておきましょう。取り外していいものを知っていると、再利用や売却が可能になります。反対に、取り外してはいけないものを知っていると、法律

続きを読む

高齢化が進む日本において、親が認知症を発症するのは珍しいことではなくなってきています。本記事では、認知症の親に代わって廃車にする場合など、3つの事例における廃車手続きについて解説します。実際

続きを読む

神戸市で優良な廃車買取業者を選ぶポイントは、高価での車の買取りを行っている点や顧客に寄り添った引き取りサービスを展開しているかどうかという点にあります。もし、この2点を満たしていなければ、デ

続きを読む

兵庫県三木市で廃車買取業者を探すポイントは「車の高価買取りの実績の有無や車の引き取り手続きを低コストで実施しているかどうか」という点になります。顧客が安心して車を引き渡せるような環境づくりを

続きを読む

リサイクル券は車の購入・売却に必要なイメージがありますが、実は車の廃車手続きの際にも提出が求められます。リサイクル券は廃車に必要な代金を前払いしたことの証明であり、車の売買・廃車の際には必ず

続きを読む

廃車にすることで受け取れるお金があることをご存じでしょうか。廃車の際、前払いしていた税金や保険金が、残りの期間に応じて還付される制度があるのです。そこで今回は、廃車で受け取れる還付金について

続きを読む

愛車が水没してしまったら、修理できるかどうかは大変気になるところですよね。「費用はどれくらいかかるんだろう?」「廃車にすべきなのかな?」など、疑問もたくさん生まれることでしょう。今回はそんな

続きを読む

自宅の車を廃車したい場合、「自動車税の滞納分があると手続きを進められないのでは?」と疑問に思う人もいるでしょう。基本的には未納期間が長くなければ廃車手続きを進めることが可能ですが、当然その後

続きを読む

車を廃車にすると、前払いで納めていた税金や保険料の一部が返ってくるということを知らない方も意外と多いのではないでしょうか。普通自動車と軽自動車では還付される税金が多少異なるものの、軽自動車で

続きを読む

廃車というと事故や故障のイメージがありますが、長期の海外赴任などでしばらく車を使用しない場合にも実は廃車手続きが有効です。車を所有している方でも、目的に合わせた廃車方法や手続きの仕方について

続きを読む